新着記事

コンテンツ一覧

プログラマ

プログラマ

IT業界ではプログラマがまだまだ必要とされており、今後も需要規模は拡大していくことが予想されます。未経験からでも覚えればプログラマとしての技術を取得できるため、これからIT業界で活躍したい人にもおすすめです。

Pocket
LINEで送る

プログラマの仕事について

プログラマとは様々なプログラム言語を使い、システム構築やソフトウェア製作を行う仕事です。プログラム言語の種類は沢山あります。有名なもので言えばJavaですが、他にもC言語やPHPなどがよく使われています。その他でもメジャーなものだけで数十種類あり、次々に新しい言語がでていますので非常に速いスピードで成長している業界と言えます。
プログラマとして働くためには基本的には専門学校や大学などに通いながら学ぶのですが、未経験からでも始められるよう、社内でプログラミングの研修を行ったりすることもあります。

プログラマが得られる平均年収と生涯賃金

プログラマの平均年収は約400万円程度と言われています。テクニカルな技術が求められる業務内容ではありますが高収入はあまり期待できないでしょう。ですが、プログラマからキャリアアップし、システムエンジニアとしてプロジェクトへの参加やITコンサルタントなどになれば収入はだんだんと増えていきます。またプログラマの生涯賃金を見てみると、男性が1億8,590万円、女性が1億7,019万円という結果が出ています。

プログラマの年収アップ方法

プログラマの年収アップを実現させるためには、いくつか方法があります。まずはやはり書けるプログラム言語を増やすことです。プログラム言語にも流行がありますので、トレンドに合った言語を習得したり、あるいは勉強しておくことはとても大切です。 幅広い言語を取り扱えるようになれば受けられる仕事の幅も広がりますし、例え実務で使わなくなったとしてもイレギュラー時に対応する事ができます。そして言語の習得と並んで大切なのが業界のトレンドを掴むことです。2013年以降はスマートフォンのアプリ開発が流行し、ゲーム業界のアプリ求人などを見てみると高待遇で給与が高いといったこともよくあるそうです。このようにできる事を徐々に増やしながら成長していくことが大切です。
また、プログラマからシステムエンジニアやITコンサルタントといったキャリアアップを目指すのも良いかもしれません。やれる事が増えれば増える程、年収アップは可能となります。 プログラマであれば、システムエンジニアとしてできることを増やすのもそうですし、またプロジェクトマネージャーなどになることも視野に入れておくといいですね。

人気記事一覧

ページの先頭へ戻る