新着記事

コンテンツ一覧

システムエンジニア

システムエンジニア

ここではシステムエンジニアの仕事について、生涯賃金や平均年収と共に年収アップのポイントもお伝えしていきます。

Pocket
LINEで送る

システムエンジニアの仕事

システムエンジニアとは、企業がシステム開発を考える際に利用者が使いやすいように細かい設計を考える技術担当者のことです。実際にシステムを使用する際に必要となる機能なども設計します。システム自体を構築していくのはプログラマですので、システムエンジニアは自身で作成した設計をベースにプログラマに開発指示を依頼しプロジェクトを進行していきます。このようなシステム開発など、製作の仕事には納期がありますので、納期として定められている日にちから逆算して作業工程も計画しなければなりません。そのため常に時間と納期に追われる状態となるので、余裕を持って仕事ができる環境ではありません。こうした業務形態が限度を超えてしまい、過酷な労働環境や過密スケジュールが問題視されるケースも近年目立ってきています。
システムエンジニアとして働くには、専門学校や大学で学んだ後にシステム開発を事業としている会社などに入社することで業務につくことができます。また、プログラマ経験のある人を対象として募集を行っている所もありますし、自社でシステム開発をしている企業などでも採用活動を行っている場合があります。

システムエンジニアの生涯賃金と収入

システムエンジニアとして得られる年収は平均して約500万円台後半と言われています。サラリーマンの平均年収が400万円前後ですので、若干ですが高いと言えます。ですが残業の多さやハードなスケジュールの中で業務に取り組まなければならないため、プライベートな時間など自身にゆとりのもった生活ができるかと言うと、他のサラリーマンよりも余裕のない生活かもしれません。
また、生涯賃金は女性であれば約2億253万円、男性だと2億1,639万円というデータが出ています。決して少なくはない数値ですが、多忙な仕事を年齢を重ねても続けていけるかと言うと不安な部分も多いことでしょう。

年収1,000万を達成するためには?

システムエンジニアだけに限らず、働く上で年収1,000万に憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。特にIT業界は高収入を得ている人も多く、年収1,000万を一つの目標として掲げている人もいるくらいです。一般的に高収入が得られる要因として成績によって与えられるインセンティブの影響が大きいのですが、一人一人にノルマなどがないシステムエンジニアの仕事でインセンティブを得る事は難しいです。ですが、システムエンジニアの年収には格差があり、1,000万を超える人も珍しくはないのです。
システムエンジニアとして年収1,000万を達成するためには、技術者としてのテクニカルスキルだけでなく、システム開発を検討しているクライアントのニーズにあったシステムを提案するための業務知識、そしてプロジェクトを進行していくリーダーであるため、経営知識やマーケティングなどのスキルがカギとなります。これらを持ち合わせていれば受けられる仕事の幅も広がり、高収入の実現にも近づくでしょう。

人気記事一覧

ページの先頭へ戻る