新着記事

コンテンツ一覧

平均賃金のカラクリ

平均賃金のカラクリ

当サイトでは、平均年収のカラクリを基に実際の生涯賃金についてご紹介していきます。

Pocket
LINEで送る

サラリーマンの給与事情

今、サラリーマンとして働く人の平均年収が話題となっています。サラリーマンが得られる平均年収は、平成9年を機に年々減少傾向にあるようです。特に平成21年には過去最低となっており、若干回復したもののその後は中々上がらない状態が続いています。また平成25年度には前年度に比べて平均年収が6万円程アップしたようですが、この理由としてはアベノミクス効果によるものだと考えられています。ですが、実際のところ良い影響を受けたのは一部の大手企業だけのようで、中小企業などで働く人たちは以前として生活状況に余裕のない状態であることに変わりないのです。

平均年収の実態とカラクリ

平成25年度の平均年収は約414万円というデータが出ていますが、この平均年収のカラクリには、高収入を得ている富裕層が平均年収を底上げしていることが挙げられます。そのため低所得者との差が広がっているのにも関わらず平均年収は上がってしまい、高所得者の富裕層と低所得者の収入の差が広がっている事がわかるのです。ですので平均年収の実態は、数字上は悪くなくても実際は給与を得ていても余裕のない苦しい生活をしなければならない人が多くいると言う事です。そしてこの中には派遣社員などといった非正規雇用にあてはまる人たちの割合が多いのも現状です。非正規雇用として働く人の平均年収は約168万円程で、月で換算すると約14万円程です。この金額から税金などが引かれますので、手元に入ってくるのは約10万円程度となります。地域によっては生活保護の水準より低くなってしまう可能性があります。
そして、平均年収の414万円という数値は男女の年収を合わせて算出された数字です。男性のみの平均年収は511万円、女性は272万円となります。ここから税金関係が引かれますので手取りで考えれば生活状況に余裕を持てない理由が分かります。
今後も雇用が不安定な状態が続くと言われているため、給与格差は更に拡大されることが予想されます。また現在の給与より更に下回る可能性もないとは言えません。さらには海外からの労働者も増加していることから、低所得者の割合は増えることも考えられるため、ダブルワークを検討する人が増えるなど一人あたりにのしかかる負担が増大してしまう可能性も充分にあり得るでしょう。

メルマガについて

当サイトと関連した情報については、随時メルマガにてお伝えしております。
メルマガはこちらよりご登録お願い致します。

人気記事一覧

ページの先頭へ戻る