新着記事

コンテンツ一覧

薬剤師

薬剤師

幅広い年齢層が働く薬剤師の仕事ですが、実際にはどのような業務に取り組んでいるのでしょうか。また、年齢を重ねても続けられる理由はどこにあるのでしょうか。

Pocket
LINEで送る

薬剤師の仕事内容とは

薬剤師が取り組む業務内容は、主に患者さんの病状や治療方法に沿った医薬品を提案、準備することになります。いわば医薬品を取り扱うプロとも言えるでしょう。また、患者さんが実際に薬を服用する際に薬に関する指導も行います。これは、薬を服用するタイミングや容量などを患者さんに分かりやすく伝えなければならないためです。他にも患者さんからの医薬品に関する質問や、相談にのったりする場合もあります。
更に、医薬品を服用する上で一番怖いのが副作用が出るケースです。この時伝え忘れなどがあると患者さんの身体に負担がかかる可能性や重症化してしまう可能性もあるため、薬剤師は医薬品に関する専門知識の習得が必須となります。

薬剤師として得られる平均年収と生涯賃金

薬剤師の平均年収は、20代であれば440万円程と言われています。一般企業で働いた場合、20代ではなかなか貰えない金額であるため高収入であることがわかります。この平均年収は30代、40代と年齢を重ねるにつれ上がっていますが、40代を過ぎたあたりから少し低下傾向にあるようです。
このようにある年齢を境に年収が低迷していく背景に薬剤師の勤務場所の影響が挙げられます。薬剤師が働く環境はほとんどが調剤薬局の勤務なのですが、給与は診療報酬から支払われています。そしてこの診療報酬が年々減額されているのです。その影響が薬剤師の給料にも影響しており、年齢を重ねるごとに年収が伸び悩んでいるのです。ちなみに生涯賃金で換算すると約2億972万円とされています。

薬剤師で転職する際の注意点とは

薬剤師の仕事で得られる生涯賃金や年収は、働き方が大きく影響しています。一般的企業では60歳が定年となりますが、薬剤師の仕事は定年を過ぎた後も働くことが可能となります。そのため、薬剤師の中には60歳を過ぎても元気に勤務している人も多くいます。薬剤師の資格は生涯有効であるため、自分自身が可能な限り働くことが可能なのです。薬剤師の仕事を続けていれば生活面で困る事はまず無いでしょう。
ですがもしも、最終的な生涯年収を更に増やしたいのであれば、比較的若い段階で高収入が得られる転職先を希望する方法もあるため、その場合は転職サイトを活用するなどしてみるのも良いかもしれません。

人気記事一覧

ページの先頭へ戻る