新着記事

コンテンツ一覧

看護師

看護師

人手不足で人材確保が急務な看護師という職業ですが、実際はどのような労働環境の中で働いているのでしょうか。また、看護師で高収入が得られるようになっているのはどうしてなのでしょうか。

Pocket
LINEで送る

看護師の仕事について

看護師の主な仕事は、基本的には病院や診療所など医療施設に勤務して医師から指示を受けながらの診察アシスタントや、入院患者のケアなどを行うことです。採血などの注射や手術前のサポートなども看護師の仕事となります。その他にも医療行為を除けばほとんどが看護師の仕事ですので、業務内容はとても幅広く慣れるのに時間がかかることもあります。
以前は男女比で見るとほぼ100%女性であったため、「看護師」ではなく「看護婦」という呼び方が一般的でした。ですが、近年では男女差別への配慮や男性の割合も増えつつあるため「看護師」という言葉が浸透してきつつあります。また、病院は24時間体制であるため、夜勤などが入ると不規則な生活リズムになることも多いので、体力面に負担のかかる職業とも言えます。

看護師の平均年収と生涯賃金

看護師の仕事で得られる平均年収は約400万円台後半と言われており、一般企業で働くサラリーマンの平均よりも少しですが高い水準となっています。男女別で生涯賃金を見てみると、男性が約1億8,682万円、女性が約1億7,518万円となっています。看護師の仕事は年齢やキャリアを重ねるごとに年収も少しずつ上がっていきますし、業界の課題とも言える人材不足からまず職に困る可能性はないでしょう。更には夜勤などもあり残業手当がつくため、手元に入る収入が高く設定されているのです。

看護師で年収アップを実現するためには

看護師の仕事を通じて年収アップを考えるのであれば、職場選びとキャリアが活かせる環境を選ぶ事が大切となります。働く環境として一番大切なのはやはり給与事情です。実は今働いている職場の給与が他の医療機関より高い場合も多いですので、転職を考える人は特に気をつけましょう。反対に給与水準の高い病院を選んだものの、残業の多さや人間関係の影響で続かない場合もありますので注意してください。
また、看護師としての経験やその他の実績を活かせるような環境を選びましょう。ある程度実績や経験を積まなければできない仕事も多数あるので、もしかしたらそういった業務の方がやりがいを感じることがあるかもしれません。オペ室での業務やICUなどが代表的なものでしょう。年収アップを基準に将来のビジョンを描くならそのあたりのこともよく考えましょう。

人気記事一覧

ページの先頭へ戻る