新着記事

コンテンツ一覧

MR

MR

病院やあらゆる医療機関が医薬品を取り扱う際に、医薬品が持つ効能や副作用、または使用方法といった情報はとても重要です。それらの情報提供を行うMRという仕事について、平均年収を中心に理解を広めていきましょう。

Pocket
LINEで送る

高収入が期待できるMRの仕事とは?

MR(Medical Representative)とは、医薬品を取り扱う製薬会社に所属して病院や診療所などを訪問し、医薬品の効果や副作用などといった情報提供を行うことが主な仕事です。医療の進化に伴い、医薬品もどんどん新薬が開発されているため、MRに求められる知識やスキルも高くなっています。また医薬品は取り扱い方を間違えると患者さんの命を危機にさらす可能性もあるため、MRが行う情報提供はとても重要となります。誤った情報提供をしないためにも、医薬品に関する知識はプロフェショナルでなければならなりません。そのため情報収集など日々の努力が必要となります。
その分給料面を見てみると、高収入が得られる職業としてはトップクラスの人気を誇ります。勤務する製薬会社にもよりますが、大手であれば年収1,000万円を超える人も多くいます。

MRの平均年収と生涯賃金

MRとして働く場合の初任給は約23万円、ボーナス込みで計算した平均年収は約400万円になります。ですが経験と年齢を重ねていくことで給料は少しずつ上がっていき、チーフクラスになると平均年収が約800万円とかなりの高収入が見込めます。そのまま管理職や役員クラスになれば年収1,000万円も夢ではありません。
もしこのような流れでキャリアアップしながらMRの仕事を続けていった場合、得られる生涯賃金は約3億8,700万円と算出されています。ここに退職金などを含めて考えると約4億円近い生涯賃金となり、医療業界でもトップクラスの収入が得られる職種と言えます。さらには収入が安定している業界のため、すでに医療業界での勤続年数が長く収入に満足していない人であれば、MRへの転職を考えるのも良いかもしれません。

年収アップの秘訣は幅広い経験

MRの仕事で年収アップを目指すのであれば、とにかく経験を積む事が大切です。特に転職などを考える場合は、経験が3年以上なければ評価対象外とされてしまうこともあるので注意が必要です。最近のMRで特に好評価される経験は、大学病院などといった規模の大きい医療施設を担当した経験や、担当した医薬品を新規導入することができた実績、または担当している病院の医師を招いた医薬品の使用に関する講演会の実演など、幅広い経験が年収アップにつながるようです。

人気記事一覧

ページの先頭へ戻る