新着記事

コンテンツ一覧

医療機器メーカー

医療機器メーカー

医療機器メーカーの営業は、強引に売り込むことよりもいかに病院や医師との信頼を築けるかが重要となってきます。医療機器営業の仕事への理解を深めると同時に、生涯賃金アップの参考にしてみてください。

Pocket
LINEで送る

医療機器営業の仕事とは

医療機器メーカーで働く営業マンの仕事内容は、まずは病院へ営業に出向き担当している医療機器の導入を提案することです。特に検査系の業務で使用される医療機器の営業は、他の営業と比べて高収入と言われています。また検査系の他にも、注射器などといった消耗品を担当とする営業もありますので、自分が担当する医療製品や営業先となる病院の規模によって業務内容や給与も違います。ですが一般企業で働くサラリーマンと比べて考えれば、MRと同様に高収入で人気の高い仕事として知られています。高収入が得られる理由としては、幅広くハイレベルな専門知識を必要とする仕事であることの他に、インセンティブが充実していることも挙げられるでしょう。

得られる生涯賃金はどれくらいか

医療機器メーカーでの営業の仕事では、平均年収が約559万円、生涯賃金が2億4,591万円という統計が出ています。一般企業で働くサラリーマンの平均年収が約409万円なので比較してみると高収入であることが分かります。上記でもお伝えしましたが、ある程度の専門知識を求められるため誰でもできる仕事ではありません。また、病院へ営業に行き契約がとれるほどインセンティブが加わることで給料は上がりますので、平均年収を大きく上回る人も多数存在します。反対に営業で全く結果が出せない人もいるため、同じ医療機器メーカーの営業であっても年収に大きな開きがあることも考えられます。

年収アップのポイントは実績と信頼

医療機器メーカーの営業で評価される人材とはただ契約数だけにこだわる人ではなく、クライアントとなるお客様との信頼関係を築ける人です。業務においてだけでなく、転職を考える際も評価される重要な要素です。ですので、信頼関係を構築できる人は評価が上がり、それが年収アップに繋がっていくのです。
医療機器メーカーの営業では、取り扱う医療機器によって必要となるスキルや求められる人物像は変わってきますが、全てに共通して求められているスキルは、担当しているお客様に対して医療機器の使用方法や注意点などを的確に伝えられるかどうか、また使用後のアフターフォローや小さな心配りといった細かいケアが行き届いているかどうかです。こういった業務を地道に続けていくことがお客様との信頼関係の構築に繋がっていき、契約数へと影響していくのです。

人気記事一覧

ページの先頭へ戻る