新着記事

コンテンツ一覧

企業を支える営業系職種

企業を支える営業系職種

大手・中小問わず企業を支えているのが営業系の仕事です。営業系の仕事に従事している人は多くいますが、働いている業界や営業先が違えば当然業務内容も得られる年収も異なります。特に医療関係の営業となると、経験だけでなく信頼関係や実績も含めて評価されるため、地道な努力の積み重ねやメンタル面の強さが給与や生涯賃金に大きく影響してきます。では実際に営業系の仕事にはどのような職種があるのでしょうか。以下で紹介している内容を参考に、それぞれを比較していきましょう。

MR

MRは医薬品に関する情報を扱うプロとも言える仕事です。薬剤師などと比較されることもありますが、業務内容を見ると全く違います。MRとして働くのであれば医薬品に関する知識は必須ですが、それ以外にも新薬を売り込んだり提案するスキルも必要です。病院と製薬会社の間にいる立場でもありますので、業務における責任はとても重大なものです。そのためMRの収入や給与の上がり方、生涯賃金についても他の営業系の仕事とは異なる点があります。

続きを見る

MR

医療機器メーカー

医療機器メーカーの営業の仕事は、担当エリアの病院や診療所を訪問して新しい医療機器の導入の提案や、医師に機器の使用方法をレクチャーすることです。医療機器も次々に新しいものが開発されるので、医療機器メーカーの営業はとてもニーズの高い仕事だと言えます。また、未経験からでもスタートできる仕事であるため、医療業界で高収入を狙うのであれば注目しておきたい職種です。また担当の医療機器を売り込むだけでなく、実際に導入した後のケアをしなければならないため、トラブルや問題点に柔軟に対応できるスキルも必要です。

続きを見る

医療機器メーカー

保険外交員

主に保険の提案営業や、相手の希望に沿った保険選びのためのコンサルティングが保険外交員の仕事です。営業系の職種の中でも未経験から始めている人は多く、高収入を得られる可能性も充分にあるため営業系で転職を考える方にはとても人気のある仕事です。また、少子高齢化の影響で保険のニーズや注目度は高くなっていますが、まだまだ浸透率で考えると低いため、営業に出向いて断られてもめげないメンタルが必要とされる職種です。

続きを見る

保険外交員

人気記事一覧

ページの先頭へ戻る